logo

新しい日々を生きてゆくわけで
 今、ものを作っている人たちにめぐりあうと、以前とは明らかに目指す方向が変わってきたことを発見する。いったん廃れかけた先祖来の伝統を、自分たちの生活に取り入れられるものに置き換えて引き継ぐ世代がいる。古い設備も組み立て直して修理して再生復活させる知恵は広がる。あるいは今も生産を続けている老齢の職人の経験や蓄積を尊重して、希少なものを集めて遺してゆく努力もある。
 かたやナノレベルの繊維を織る最先端の技術が新素材を開発して、厳しい環境においても人の生活を軽快にしてゆくプロジェクトを目の当たりにすれば、久々にエキサイティングという言葉がぴったりの躍動感に満ちた空気を感じる。diary photo
 久々にと言ったのは、今世紀に入ってこのかた、各地で戦争は終わらないし、天災人災は年々頻発と範囲の拡大の途を辿っている。もちろん知らなかっただけで、情報がインターネットで即時に配信される今だから、世界の端っこに居ても遠くで起きたことに心が同期してしまうのかも。
 それでもまた私たちは新しい日々を生きてゆくわけで、自分の身の回りを心地よい雰囲気に整えるツールを開発して… we launch out on the new project. 遠く離れた地の見知らぬ誰かの身の回りも、心地よい雰囲気に包まれてほしいと願う。

10月10日
 おととい、暦を見たら寒露とあった。二十四節気のひとつで太陽の黄経が195度に至るとき、昔の人はそろそろ露が冷たくなったわい、と襟かき寄せて。
 八代の菓子匠を訪ねたおり、石を敷き詰めた庭に柿の実が点点と…おそらく渋柿の、枝にぶら下がるのに耐えきれないほど柔らかく熟して、あるいはカラスについばまれた拍子にぽとり落ちたか、夕日色の皮がつぶれて実は鮮やかに滴っていた。
 連立つふたりは、実の話をしながら前をゆき、私は舞い落ちる葉を拾いながら追いついて、彼らの子どもたちにお土産にと、きれいどころを3枚厳選した。diary photo
 紅と深緑の天然色素が織りなす斑模様は目が眩むほどにサイケデリックな効果を出している。2、3日経ったら、色は少しずつあせてきたけれど、今度は葉脈が浮き立ち河川さながらグーグルマップの航空写真で阿蘇の裾野を眺めているみたいだ。緑の高地と赤い大地。手のひらのミクロコスモスは拡大を続けてマクロコスモスへと…部分は全体に全体は部分に似て。
 ときにサイケデリックアートって1960年代の流行だから、今は昔。それでもいきなりこれを見せられた子どもたちは、色に喚起されて興奮することだろう。